[動画] アメリカの反マスク集会 映像ニュース

アメリカ
2020年8月ユタ州ですが、アメリカの反マスク集会というのもがどういう雰囲気か見られます。トランプ大統領感染前で、マスクを全く信じていない主張が全面に出ている、今となっては資料的価値が高い映像です。
言葉で色々聞くよりもよりわかります。(2020年大統領選挙2ヶ月前です)

場所はユタ州セントジョージ (人口7万) 数百人規模

反マスク集会が起きたタイミング

状態としては、8/21で(ツイートは9/14)、ユタ州は5月末に第一波が始まり、7月中旬1日の感染者確認数800人に達し、その後下がって8月中旬には300人くらいに下がった。その最中でのデモです。死者数も平均5人くらいでしょうか。まだ「第二波」(全米では第三波)を感じさせるものはなく、「もう終わった」感覚の人がたくさん出るころです。

アメリカ全土では、7月始めまでに感染者数がどんどん減っていたのですが、
その後「第二波」が始まります、考えられる主な原因として

  1. 5月下旬から始まったBLM運動の高まりと、
  2. もう一つはマスクする・しないが政治化し反マスクがトランプ支持者の共同体意識になっていったこと、これら2つに合わせるように感染者が増え、その後あれこれ対策しても、本当にわずかずつしか減らずに高止まりしていた時期です。

上記のどれもデータがまず取れないので相関関係・因果関係は断言しづらいのですが。

この動画の資料的価値

この後、9/16から増加が止まらなくなり、2ヶ月くらいまでかけて1日2000人(11/下旬で死者15人/日くらい)まで伸びます(参考: Google “utah covid”“us covid”)。11月初めの大統領選に向け、トランプ大統領や側近がクラスター感染したり、共和党集会でもマスクをする人がたくさんいたりしたので、今反マスク集会があっても、この雰囲気ではないとは思います。
気を付け始める前の状態を映していると言う意味で、資料的価値が高い映像ではあります。

0:50の女性

0:50の女性「(警官に地面に喉を数分押しつけられてそのまま死んでしまった黒人で、その後の暴動やBLM運動の契機になった) ジョージ・フロイドが「息ができない」と言って死んだ。今私たちがマスクをして「息ができない」と言っているのに、マスクを強制されている」と言っていて、「おいおい、マスクしたら死ぬんかい」みたいな反応がたくさんついています。

ニュース映像はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました